熟練プロがおしえるジャズピアノ講座!ジャズピアノ、作曲、アレンジ(編曲)に興味のある方、大いに学んでください。

ジャズ,ロックのスケール練習法

ジャズピアノがいつまでも弾けない本当の理由とは?

ドレミファソラシドから覚えよう ジャズ,ロックのスケール練習法

バンドで演奏するとき、自分のソロでほかのプレイヤーと一味違う演奏をしたいと思いませんか?でもコードが書かれていてもどのように弾いていいかわからない、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ここではコードに合うスケールを簡単に弾けるように、基本の指使いも含めて、練習方法を紹介していきます。


1st step: まずは白鍵だけでスケールを右手で弾いてみよう。


1-1 スタートがドの音のスケール(Cメジャー・スケール、Cアイオニアン・スケール)

ドの音から始めます。このドの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指でレ、ミ

image001.gif

ここで
また親指でファを弾きましょう。

image003.gif

ミを中指で弾いている時に親指は中指の下をくぐらせます。

image006.jpg

その後人差指、中指、薬指、小指の順にソ、ラ、シ、ドと弾きます。

image008.gif

ドレミファソラシドの指使いは

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小
という順番を覚えます。

image009.jpg


ミからファでの指替え

ミからファに移るときの指替えをマスターするには
ドレミファミレドを繰り返し弾きくトレーニングをします。

image011.jpg

この時重要なのは、ドレミファミレドを、

親ー人ー中ー親ー中ー人ー親
という指使いでで弾くことです。


オクターブを超えるスケールを弾きたい時は

同じ音名でも一つ高かったり、低かったりする音は、その音に対して1オクターブ高い、あるいは低いと呼んでいます。
オクターブ以上スケールを弾きたい時は、シからドに移る場所で

薬指から親指
に指替えしましょう。

シ(薬指)からド(親指)ヘ
image014.jpg

ド(親指)からシ(薬指)ヘ
image016.jpg


シからドでの指替え
シからドに移るときの指替えをマスターするには
ファソラシドシラソを繰り返し弾きくトレーニングをします。

この時重要なのは
ファソラシドシラソを

親ー人ー中ー薬ー親ー薬ー中ー人ー親
という指使いでで弾くことです。


ではこのスケールを2オクターブ弾いてみましょう。


どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Cメジャー・スケールあるいはCアイオニアン・スケール
と呼ばれ、CMaj7コードで使用されるスケールの一つです。


image018.jpg

image020.gif




ではこのCメジャー・スケールを基に、スタート音をずらして、他のスケールを弾いてみましょう!




1-2 スタートがレの音のスケール(Dドリアン・スケール)

スタート音をレの音から始めます。このレの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指でミ、ファ、Cメジャー・スケール同様、次のソの音で親指に指替えします。

image002_2.gif

ファ(中指)からソ(親指)へ
image006_1.jpg

ソ(親指)からファ(中指)へ
image004.jpg

その後もラシドレと人―中―薬―小と順番に弾きましょう。

ソで親指に指替えをしますが、全体の運指はCメジャー・スケール同様、
親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小
でおこないます。

image008_1.gif

慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。

Cメジャー・スケール同様、ドの音からレに上行する時、レの音からドの音に下行する時、薬指と親指を交差させます。

image010_1.gif

ド(薬指)からレ(親指)へ
image014_1.jpg

レ(親指から)ド(薬指)へ
image012.jpg


Cメジャー・スケール同様指の交差のトレーニングもおこないましょう!

image016_1.jpg

中指(ファ)と親指(ソ)の交差のトレーニング

image018_1.jpg


薬指(ド)と親指(レ)の交差のトレーニング

image020.jpg


どうですか?覚えましたか?

このスケールの名称は
Dドリアン・スケール
と呼ばれ、D m7コードで使用されるスケールの一つです。

image024.gif

image022.gif




1-3 スタートがミの音のスケール(Eフリジアン・スケール)

次にスタート音をミの音から始めましょう。このスケールも指使いは同じです。ミの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指でファ、ソ、次のラの音で親指に指替えします。
その後シドレミと人―中―薬―小で順番に弾きましょう。

image002.jpg

ソ(中指)からラ(親指)へ
image004_1.jpg

ラ(親指)からソ(中指)へ
image006_2.jpg





慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。
Cメジャー・スケール同様、レの音からミに上行する時、ミの音からレの音に下行する時、

薬指と親指を交差させます。

image008_2.gif


レ(薬指)からミ(親指)へ
image010.jpg

ミ(親指)からレ(薬指)へ
image012_1.jpg




Cメジャー・スケール同様指の交差のトレーニングもおこないましょう!

image014_2.jpg

中指(ソ)と親指(ラ)の交差のトレーニング
image016_2.jpg



薬指(レ)と親指(ミ)の交差のトレーニング
image018_2.jpg





どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Eフリジアン・スケール
と呼ばれ、E m7コードで使用されるスケールの一つです。

image022_1.gif

image020_1.gif




1-4スタートがファの音のスケール(Fリディアン・スケール)

次にスタート音をファの音から始めましょう。このスケールの指使いは他のスケールと違いCメジャー・スケールの4番目の音(ファ)からの指使いで弾きます。まずファの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指、薬指でファ、ソ、ラ、シ。次に親指に指替えし、
ド、レ、ミ、ファと親―人―中―薬と順番に弾きましょう。


image002_1.jpg


シ(薬指)からド(親指)へ
image004_2.jpg

ド(親指)からシ(薬指)へ
image006_3.jpg



慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。
ミの音からファに上行する時、ファの音からミの音に下行する時、

中指と親指を交差させます。

image008.jpg


ミ(中指)からファ(親指)へ
image010_1.jpg

ファ(親指)からミ(中指)へ
image012_2.jpg



指の交差のトレーニングもおこないましょう!Cメジャー・スケール(アイオニアン・スケール)と同じトレーニングになりますが、繰り返しトレーニングしましょう。

image014_3.jpg


薬指(シ)と親指(ド)の交差のトレーニング
image016_3.jpg


中指(ミ)と親指(ファ)の交差のトレーニング
image018_3.jpg





どうですか?覚えましたか?

このスケールの名称は
Fリディアン・スケール
と呼ばれ、F Maj7コードで使用されるスケールの一つです。

image022_2.gif

image020_2.gif




1-5 スタートがソの音のスケール(Gミクソリディアン・スケール)

ソの音から始めましょう。このスケールの指使いはDドリアン・スケール等と同じ指使いです。まずソの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指、ソ、ラ、シ。次に親指に指替えし、
ド、レ、ミ、ファ、ソと親―人―中―薬-小と順番に弾きましょう。

image002_2.jpg

シ(中指)からド(親指)へ
image004_3.jpg

ド(親指)からシ(中指)へ
image006_4.jpg



慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。
ファの音からソに上行する時、ソの音からファの音に下行する時、

薬指と親指を交差させます。

image008_1.jpg

ファ(薬指)からソ(親指)へ
image010_2.jpg

ソ(親指)からファ(薬指)へ
image012_3.jpg


指の交差のトレーニングもおこないましょう!
(Step-1では毎回このトレーニングをしましょう。)

image014_4.jpg

薬指(シ)と親指(ド)の交差のトレーニング
image016_4.jpg


中指(ミ)と親指(ファ)の交差のトレーニング
image018_4.jpg



どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Gミクソリディアン・スケール
と呼ばれ、G 7コードで使用されるスケールの一つです。

image022_3.gif

image020_3.gif




1-6スタートがラの音のスケール(Aエオリアン・スケール)

ラの音から始めましょう。このスケールの指使いはDドリアン・スケール等と同じ指使いです。まずラの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指、ラ、シ、ド。次に親指に指替えし、
レ、ミ、ファ、ソ、ラと親―人―中―薬-小と順番に弾きます。

image002_3.jpg

ド(中指)からレ(親指)へ
image004_4.jpg

レ(親指)からド(中指)へ
image006_5.jpg



慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。
ファの音からソに上行する時、ソの音からファの音に下行する時、

薬指と親指を交差させます。

image008_3.gif


ソ(薬指)からラ(親指)へ
image010_3.jpg

ラ(親指)からソ(薬指)へ
image012_4.jpg



指の交差のトレーニングもおこないましょう!
(Step-1では毎回このトレーニングをしましょう。)

image014_5.jpg


薬指(ド)と親指(レ)の交差のトレーニング
image016_5.jpg



中指(ミ)と親指(ファ)の交差のトレーニング
image018_5.jpg



どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Aエオリアン・スケール''''
と呼ばれ、A m 7コードで使用されるスケールの一つです。

image022_4.gif

image020_4.gif




1-7スタートがシの音のスケール(Bロクリアン・スケール)

白鍵だけで弾けるスケールの最後となります。
シの音から始めましょう。このスケールの指使いもDドリアン・スケール等と同じ指使いです。
まずシの音を右手親指で弾き、順に人差指、中指、シ、ド、レ。
次に親指に指替えし、
ミ、ファ、ソ、ラ、シと親―人―中―薬-小と順番に弾きます。


image002_4.jpg


レ(中指)からミ(親指)へ
image004_5.jpg


ミ(親指)からレ(中指)へ
image006_6.jpg


慣れたらこのスケールを2オクターブ弾きましょう。
ファの音からソに上行する時、ソの音からファの音に下行する時、

薬指と親指を交差させます。



image008_2.jpg


ラ(薬指)からシ(親指)へ
image010_4.jpg

シ(親指)からラ(薬指)へ
image012_5.jpg



指の交差のトレーニングもおこないましょう!
(Step-1では毎回このトレーニングをしましょう。)


image014_6.jpg


薬指(レ)と親指(ミ)の交差のトレーニング
image016_6.jpg



中指(ミ)と親指(ファ)の交差のトレーニング
image018_6.jpg



どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Bロクリアン・スケール
と呼ばれ、B m 7(♭5)コードで使用されるスケールの一つです。

image022_5.gif

image020_5.gif


2nd Step: 黒鍵の音を一つ入れたスケールを弾こう

白鍵でのスケールを覚えたら、次にスケール内に黒鍵の音を一つ入れたスケールをトレーニングしましょう。指使いはStep-1の指使いを使用します。


2-1 シの音を半音下げてみよう

シの音を半音下げ(B♭音)、黒鍵に変えたスケールを弾いてみましょう。

image002_5.jpg


B♭音は黒鍵3つのグルーブの一番右側の黒鍵の音です。

image005_2.jpg



ドの音から始めるスケールを弾きましょう
指使いはCアイオニアン・スケールと同じ

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小

image007_1.gif



このスケールを2オクターブ弾きましょう
image010_5.jpg


Step-1同様2オクターブ以上スケールを弾く時は、小指の代わりに親指で弾くことが基本となります。
image012_6.jpg


下の写真を参考に薬指と親指を交差させましょう。

シ♭(B♭)薬指からド(親指)へ
image014_7.jpg


ド(親指)からシ♭(B♭)薬指へ
image016_7.jpg



2オクターブ以上のスケールを弾く時、どの音が黒鍵か、指が理解できていないので、弾き間違いが起こり易いです。

先ず黒鍵の位置を覚えましょう。
スケールを弾きながら黒鍵の音で一度止め、また次の黒鍵の音まで止まらず弾くというトレーニングを繰り返して、黒鍵の位置を覚えていきます。
image018_7.jpg



どうですか?覚えましたか?
このスケールの名称は
Cミクソリディアン・スケール
と呼ばれ、C 7コードで使用されるスケールの一つです。

image021.gif

image022_6.gif


2-2シの音を半音下げた他のスケールも弾いてみよう。

Cミクソリデイアン・スケールに慣れたら他のスケールも弾いてみましょう。。

シの音を半音下げたB♭音の位置
image002_6.jpg

a)レの音から始めるスケールを弾きましょう
指使いはCミクソリデイアン・スケールと同じです。

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小

image004_7.jpg




このスケールを2オクターブ弾きましょう
image006_8.jpg


ここでも同様に2オクターブ以上スケールを弾く時は、小指の代わりに親指で弾くことが基本となります。
image008_4.jpg



Cミクソリディアン・スケール同様、2オクターブ以上のスケールを弾く時、どの音が黒鍵か、指が理解できていないので、弾き間違いが起こり易いです。
ここでもスケールを弾きながら黒鍵の音で一度止め、また次の黒鍵の音まで止まらず弾くというトレーニングを繰り返して、黒鍵の位置を覚えていきます。

黒鍵(B♭音)は中指で弾きます。
image010_7.jpg


このスケールの名称は
Dエオリアン・スケール
と呼ばれ、Dm 7コードで使用されるスケールの一つです。

image014.gif
image012_1.gif






b)ミの音から始めるスケールを弾きましょう
指使いはCミクソリデイアン・スケールと同じです。

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小

image016_8.jpg






このスケールを2オクターブ弾きましょう

image018_8.jpg




ここでも同様に2オクターブ以上スケールを弾く時は、小指の代わりに親指で弾くことが基本となります。

image020_1.jpg






スケールを弾きながら黒鍵の音で一度止め、また次の黒鍵の音まで止まらず弾くというトレーニングをおこないましょう。

黒鍵(B♭音)は人指し指で弾きます。

image022.jpg







このスケールの名称は
Eロクリアン・スケール
と呼ばれ、Em 7(♭5)コードで使用されるスケールの一つです。

image026.gif
image024_1.gif






c)ファの音から始めるスケールを弾きましょう

ファから始まるスケールの指使いは他のスケールと少し違います。
注意しましょう!

親ー人-中ー薬ー親ー人ー中ー薬

この指使いはファからスタートする様々なスケールで使用されます。

image028.jpg





このスケールを2オクターブ弾きましょう

image030.jpg






ここでも黒鍵の位置を覚えるトレーニングをしましょう!

黒鍵(B♭音)は薬指で弾きます。

image032.jpg







このスケールの名称は
Fメジャー(アイオニアン)・スケール
と呼ばれ、F Maj7コードで使用されるスケールの一つです。

image036.gif

image034.gif




d)ソの音から始めるスケールを弾きましょう

指使いはCミクソリデイアン・スケールと同じです。

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小

image038.jpg







このスケールを2オクターブ弾きましょう

黒鍵の位置を覚えるトレーニングをしましょう!

黒鍵(B♭音)は中指で弾きます。

image042.jpg





このスケールの名称は
Gドリアン・スケール
と呼ばれ、G m7コードで使用されるスケールの一つです。

image046.gif
image044.gif






e)ラの音から始めるスケールを弾きましょう
指使いはCミクソリデイアン・スケールと同じです。

親ー人ー中ー親ー人-中ー薬ー小

image048.jpg





このスケールを2オクターブ弾きましょう
image050.jpg







黒鍵の位置を覚えるトレーニングをしましょう!

黒鍵(B♭音)は人指し指で弾きます。

image052.jpg







このスケールの名称は
Aフリジアン・スケール
と呼ばれ、A m7コードで使用されるスケールの一つです。

image056.gif
image054.gif






f ) シ♭の音から始めるスケールを弾きましょう

初めて黒鍵からスタートするスケールを弾きます。

黒鍵からスタートするスケールは親指以外の指で弾く事が基本となります。(上級者は親指で弾く事も必要ですが)

ここでの指使いは

人ー親ー人ー中ー親ー人-中ー薬

で弾いてみましょう。
スタート音のシ♭(B♭)音を人指し指で弾き、オクターブ上の同じ音を薬指で弾きます。

同じ音を、違う指で弾く事に注意しましょう!

image058.jpg









このスケールを2オクターブ弾きましょう

スタートのB♭音のみ人指し指で、オクターブ上、2オクターブ上のB♭音は薬指で弾きます。

image060.jpg







黒鍵の位置を覚えるトレーニングをしましょう!

スタート音の黒鍵(B♭音)は人指し指でそれ以外は薬指で弾きます。

image062.jpg







このスケールの名称は
B♭リディアン・スケール
と呼ばれ、B♭ Maj7コードで使用されるスケールの一つです。

image064.gif
image066.gif

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional